コンプレックスなら取り除こう【ほくろ除去なら整形で気軽に出来る】

女性の横顔

最近の皮膚治療

鏡と女性

ほくろ除去の整形術を行なう場合には、治療方法を確認することが大切です。方法によっては、皮膚の傷跡や後の再発などが問題となります。最近では細かい調整が出来るレーザーも登場しており、的確な除去が可能です。

View Detail

自分自身は意外に気になる

おでこ

周りからは、気にならなくても自分自身では気にしてしまう、そんなコンプレックスのものの一つが、ほくろです。ほくろ除去は、難しいものではありません。美容整形外科だけではなく、皮膚科や整形外科でも行える身近な整形といえます。

View Detail

目立つほくろをなくすには

美容整形

顔や体にできたほくろは、その状態によってはとても気になる存在です。ほくろは自然に消える訳ではないので、専門医による技術でほくろ除去をしなければなくなりません。美容外科では術後の傷痕を目立たずきれいにしてくれることから、ほくろ除去は人気のある整形なのです。

View Detail

輝き続ける肌の為に

ほくろ

お手頃価格で出来る肌掃除

年齢を重ねていくたびに気になりだす肌のくすみやシミ、ホクロ。小さいものであればコンシーラーやファンデーションで隠せますが、コスメでも隠しきれなくなってきたときに頼れる方法としてほくろ除去と言う方法があります。一般的にほくろ除去は皮膚科や美容外科で施術します。皮膚科であれば保険が適用できる場合もありますが、より肌をきれいに見せるために美容外科で整形をするのも良い方法です。最近では3ミリから5ミリ程度であれば数千円でほくろ除去できる美容外科も多く、10代の若い世代でも気軽に整形できる世の中になっています。以前は整形=高額といったイメージでしたが、今では脱毛と同様にほくろ除去や整形はお手頃な金額で施術ができるため、身近な美容方法になっています。美容外科でも様々なキャンペーンやセット価格など種類が豊富にあり、ほくろ除去にプラスしてヒアルロン酸やプラセンタといったお肌のメンテナンスも合わせて行う人が多くなってきています。ほくろ除去の場合、小さいほくろであれば除去レーザーの照射後当日にお風呂にも入れますし、何箇所かまとめてほくろ除去をした場合でも次の日勤務先へマスクをして出社する方も多いです。このように今より更にお肌をクリアに見せるために日々努力することが必要です。

期間と費用

ほくろ除去したいと思っていてもいざ整形外科へ行くとなると1人ではなかなか勇気がいるものです。そんな時は、まずはネットでリサーチをしましょう。重要なポイントは、ほくろ除去したい部分、除去したい箇所の数、予算、通える期間、場所などです。友達や知人に聞いてみるのも良いでしょう。ある程度絞り込めたら次はアポイントです。電話で予約を取り、当日は化粧をなるべく薄くしていきましょう。整形外科によっては、着替え室等で化粧落としが置いてあったり、担当の方が施術前に落としてくれる場合もあります。初めての場合は緊張するかと思いますが歯医者さんと同じような気持ちで挑めば大丈夫です。整形担当のお医者さんたちも毎日同じ症例を見て繰り返し施術をしているプロなのですから力を入れすぎずに気楽な気持ちでリラックスしましょう。いざ施術になると輪ゴムでパチンと音を立てるようなレーザーの照射があります。人によっては痛いと感じる場合もありますが、慣れてしまえば何箇所照射しても平気になってきます。それよりもその後の変わった自分の姿の期待の方が大きいです。今まで隠し続けてきたほくろをもう隠さなくていい生活はストレスからも解放されることでしょう。女性に限らず男性でも同じです。少しの勇気がその後の人生を大きく変えるのです。

ほくろを消す治療

指差す医者

顔にある目立つほくろが気になっている人は、医療機関を受診してほくろ除去の整形手術を受けるようにするとよいです。皮膚科や形成外科、美容外科などでほくろ除去治療を受けることができますが、美容外科の治療は保険が適用されません。

View Detail