コンプレックスなら取り除こう【ほくろ除去なら整形で気軽に出来る】

目を閉じる女性

ほくろを消す治療

指差す医者

治療を受ける際の注意とは

顔に目立つほくろがあることが大きなコンプレックスになってしまっている人がたまにいます。でも、医療機関を受診してほくろ除去の整形手術を受けるようにすれば、ほくろのコンプレックスから解放されることができます。ほくろ除去の整形手術を受けることができるのは、皮膚科や形成外科、美容外科などを診療科目に掲げている医療機関です。皮膚科や形成外科を利用すれば、保険が効くほくろ除去治療を受けることができますので、経済的な余裕があまりない人は、皮膚科や形成外科を受診するようにした方がよいです。しかし、多少費用がかかってしまっても、仕上がりの美しさを重視した丁寧な整形手術を受けたいと希望している人は、美容外科を利用するのが望ましいです。美容外科の整形手術は、基本的に保険の適用を受けることができません。除去するほくろのサイズや個数、除去方法などによってかかる費用が変わってきますが、数十万円単位の出費を迫られることになるのが一般的です。その代わり、保険診療の縛りを受けない丁寧なほくろ除去治療を受けることができますので、術後の仕上がり具合を見て、高い満足感を覚える人が大半です。一方、皮膚科や形成外科でほくろ除去治療を受ける場合は、1万円以下の自己負担額で済ませられるケースが多いです。ただし、見た目に対する配慮が若干劣った治療が行われるのは事実です。ですので、それぞれの人が、自分の希望や予算をよく考えた上で、受診する診療科を決めるようにすることが大切になります。

治療の方法

ほくろ除去の整形手術には様々な方法があります。近年注目を集めているのは、レーザーを用いてほくろを除去する方法ですが、全てのほくろに適応があるわけではありませんので、医師とよく相談してみる必要があります。ほとんどのほくろは良性のものですが、中には癌化してしまう可能性がある悪性のほくろもあります。何もしなくても自然に癌化してしまうほくろがある一方で、メスで切開した刺激やレーザー治療がきっかけとなって一気に癌化が進むほくろもありますので、皮膚疾患に関する深い専門知識を有する医師に診てもらうようにした方がよいです。具体的な治療方法としては、先程述べたレーザー治療の他に、メスを用いてほくろを切除する方法や、特殊な器具を用いてほくろをくり抜く方法、ほくろを削り取る方法、冷凍治療、皮膚移植などをあげることができます。ほくろの種類や大きさ、数などによって選ぶべき治療方法が変わってきますので、豊富な治療実績を有する医師の診察を受け、そのアドバイスに耳を傾けてみることが大切です。皮膚を切ったり削ったりするのは嫌だという理由で、何が何でもレーザー治療を受けたいと希望する人がたまにいますが、逆効果になってしまうことがありますので、注意が必要です。